PROFILE

Share Button
Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

profile画像

 

程嶋日奈子(Hinako Hodoshima)

 

1982年12月31日、神奈川県藤沢市生まれ。

幼いころから明治大学Big Sounds Society Orchestra出身の父の影響でジャズを聴いて育つ。

神奈川県立湘南高校入学を機にクラシックコントラバスを学ぶ。

その後父の先輩であるドラマー、大隅寿男氏の勧めで早稲田大学モダンジャズ研究会に加入。

学生・社会人ビックバンドやコンボでジャズベーシストとして活動を始める。

以来、ジャズベースを金子健氏、井上陽介氏、クラシックコントラバスを新日本フィルの森園康一氏に師事。都内や首都圏近郊でジャズビックバンド・コンボはもちろん、クラシックやポップスなど、ジャンルを問わず多くのシーンで活動中。

2009年にはピアニスト堀秀彰をゲストキーボード・レコーディングディレクターに迎え、

トランペッターの高澤綾、ギタリスト山口廣和、ピアニスト菊池太光、ドラマー秋葉正樹とともに自主製作CD、『August Sixteen』を発表。

近年は東京都内でGroove Pocketsの一員としてドラマー柴田亮 、大井澄東やトランぺッター類家心平など素晴らしいアーティストとの共演を果たす他、ピアニスト寺島優樹やギタリスト中尾剛也のバンドなどをサポート。

音楽スクールで後進の指導にもあたる。

2011年にアルトサックスプレイヤー横田寛之をフィーチャーし、ピアニスト増田実裕、ドラマー岡部朋幸

とともに初の全国発売アルバムを発売予定。